2024.06.17

BLOG

LP制作会社選定ポイント解説|種類別おすすめ企業10選

この記事で学べること

• LP(ランディングページ)の重要性
• LP制作会社選定のポイントおよび種類・特徴
• 費用相場とサービスの内容
• おすすめの制作会社
• 内製化・外注化のメリット・デメリット

 

LP(ランディングページ)は、あなたのビジネスを成功に導くための重要なツールの一つです。その効果を最大限に引き出すためには、専門的な知識と経験を持つ制作会社に依頼することが最良の選択と言えるでしょう。

 

この記事では、LP制作会社選定のポイントを解説し、さまざまな種類の企業の中からおすすめの会社をご紹介します。ぜひ最後までお読み頂き、あなたのビジネスに最適な企業を見つける手助けとなれば幸いです。

目次

    LP(ランディングページ)の重要性

    LPは企業のWebサイトの中でも、特に重要な役割を果たします。理由として、ユーザーが最初に訪れる場所がLPの可能性があるからです。LPがユーザーに対して明確で魅力的なメッセージを伝えることができれば、その後のユーザーの行動に大きく影響を与えることができるでしょう。

    LPは企業の製品やサービスを詳しく紹介し、ユーザーに購入するための行動を促すページです。LPのデザインやコンテンツはユーザーの購買行動に直結するため、非常に重要な要素となります。

    以上の理由から、LPは企業のオンラインマーケティングにおいて不可欠なツールとなり、その制作には専門的な知識と経験が求められます。

    次の章では、LPの重要性を認識した上で、LP制作会社を選定するポイントについて詳しく見ていきましょう。

    LP制作会社選定の3つのポイント

    LP制作会社選定の際には、何を重視すべきでしょうか。ここでは3つのポイントについて詳しく見ていきましょう。

    • 会社の実績と評価
    • 提供されるサービスの範囲
    • コストパフォーマンス

    以上のポイントを考慮することで、ビジネスの目標達成に最適なLP制作会社を選定することが可能となります。
    それぞれ詳しく解説します。

    会社の実績と評価

    LPを制作する会社を選定する際、最初に考慮すべきポイントの一つは、制作会社の実績と評価です。実績とは過去に手がけたプロジェクトの数や質、会社の技術力や経験を示す重要な指標となります。

    評価とは顧客や業界からの評判を指し、会社の信頼性や対応力、サービスの質を示すものとなります。評価の情報を得ることで、あなたが探しているLP制作会社が自分のビジネス目標に合致しているかどうかを見極めることができます。

    インターネット上のレビューサイトやSNS、業界誌などで情報を収集し、LP制作会社の実績と評価を把握しましょう。高い技術力と良好な評判を持つ会社を選べば、効果的なLPを制作する可能性が高まります。

    提供されるサービスの範囲

    LP制作会社選定のポイントは、提供されるサービスの範囲に注目することです。LP制作会社はコーディングだけでなく、企画・デザイン・コピーライティング・SEO対策など、多様なサービスを提供しているところが多いでしょう。

    ただすべての会社が全てのサービスを提供しているわけではなく、プロジェクトで必要とするサービスを明確にして、選定することが大切です。

    例えば、LPの企画から運用、改善まで一貫してサポートしてくれる全方位的な会社を探している場合、全てのサービスを提供しているかどうかを確認しましょう。また、SEO対策やコピーライティングに特化した会社を求めている場合は、その専門性を持っているかどうかをチェックすることが重要です。

    サービスの範囲が広い会社は、料金が高くなる傾向があるため、コストパフォーマンスも考慮に入れて会社を選びましょう。以上の点を踏まえ、自社のニーズに最もマッチするLP制作会社を選ぶことが、成功への第一歩となります。

    コストパフォーマンス

    LP制作会社選定のポイントとして、コストパフォーマンスも考慮しましょう。LP制作は、多くの企業にとって少なからず投資となります。そのため、予算内で最高の結果を得られるLP制作会社を選ぶことが求められます。

    コストパフォーマンスを評価する際には、制作費用だけでなく、LP制作会社が提供するサービスの内容や品質を確認する必要があります。そして最終的な成果物が目指す結果を達成できるかどうかをしっかりと確認することが必要です。

    また、過去の制作実績やクライアントの評価も重要な参考指標となります。これまでにどのようなLPを制作してきたのか、その結果がどの程度の効果を生んだのかを確認することで、LP制作会社が自社のニーズに適しているかを見極めることができます。

    LP制作会社選定におけるコストパフォーマンスは、単に価格だけでなく、多角的な視点から考慮する必要があります。

    以上のポイントを踏まえて、自社のビジネス目標に最適なLP制作会社を選ぶことをおすすめします。

    次の章では、具体的なLP制作会社の種類とそれぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。

    LP制作会社の種類とその特徴

    LP制作会社には、それぞれ特徴と強みがあり、大きく分けて3つの種類が存在します。

    • フルサービス型のLP制作会社
    • 専門サービス型のLP制作会社
    • フリーランス型のLP制作会社

    あなたのビジネスに最適なLP制作会社を選ぶためには、その特徴を理解し、自社のニーズと比較検討することが重要です。

    それぞれ詳しく解説します。

    フルサービス型のLP制作会社

    フルサービス型のLP制作会社は、その名の通り、LP制作から運用、分析までトータルでサポートするタイプの会社です。

    フルサービス型のLP制作会社の最大の特徴は、一貫したサービスの提供です。企画、デザイン、コーディング、テスト、運用、分析といったLP制作に必要な全てのプロセスを1社で行います。そのため、複数の会社やフリーランスに作業を委託することなく、一貫した品質とスケジュール管理が可能となります。

    また、フルサービス型のLP制作会社は、経験と専門知識が豊富であることが多いでしょう。多種多様な業界やビジネスモデルに対応したLPを制作してきた経験があるため、最適なデザインやコンテンツの提案が期待できます。SEOやコンバージョン率の最適化など、高度な知識を持つ専門スタッフが在籍しているため、効果的なLP制作が可能です。

    最後に、フルサービス型のLP制作会社の特徴として、アフターサポートが充実している点が挙げられます。LPの運用や分析、改善提案など、LP制作後も継続的にサポートしてくれる会社が多く、LPのパフォーマンスを継続的に向上させることが可能となります。

    以上のように、フルサービス型のLP制作会社は、一貫したサービスの提供、豊富な経験と専門知識、充実したアフターサポートが特徴的です。その特徴を理解した上で、自社のニーズに最適なLP制作会社を選定することが重要です。

    専門サービス型のLP制作会社

    専門サービス型のLP制作会社は、特定の業種やサービスに特化した制作を行う会社です。その業界に精通しているため、該当業界のユーザーが求める情報を的確に把握し、それに合わせた訴求力のあるLPを作り上げることが可能です。

    また、特定の業界に特化しているため、その業界特有のキーワードを効果的に用いるSEO対策も得意としています。専門サービス型のLP制作会社の最大の特徴は、深い業界知識を活かしたコンテンツ制作です。

    一般的なLP制作会社と比較しても、ユーザーのニーズを深く理解した上で、解決するサービスや製品を強力に訴求する内容が作れ、高いコンバージョン率を期待することができます。

    一方で専門サービス型のLP制作会社は、特定の業種やサービス以外の業界に対する知識や経験が乏しいため、全業種に対応できるわけではありません。自社の業種やサービスが専門サービス型のLP制作会社の対応範囲内であるかどうかを確認することが重要です。

    一部の専門サービス型LP制作会社は、コンサルティングサービスも提供しており、業界のトレンドや競合分析などをもとに最適なLP制作戦略を提案してくれます。単にLPを制作するだけでなく、ビジネス全体の戦略を考えるパートナーとしても活用することが可能です。

    フリーランス型のLP制作会社

    フリーランス型のLP制作会社は、フリーランスのデザイナーやコーダーが集まった形態の制作会社を指します。フリーランス型の制作会社の大きな特徴として、個々のフリーランスが持つ多様なスキルと経験を活かした柔軟な対応が挙げられます。

    例えば、ある特定の業界に特化したデザインや、特殊な技術を必要とする場合などに、プロジェクトに最適なメンバーを組み込むことが可能です。

    一般的にフリーランス型の制作会社は、大手制作会社に比べて運営コストが低く抑えられるため、料金に反映されやすいというメリットもあります。一方で、フリーランスは個々にプロジェクトを抱えていることが多いため、急な対応や納期の厳しいプロジェクトに対応しきれない場合もあります。

    フリーランス型の制作会社は、大手制作会社と比べてプロジェクト全体のマネジメント体制が脆弱な場合もあります。全体のマネジメント体制が脆弱な場合、クライアント側がプロジェクトの進行管理を一部担当する必要があるかもしれません。

    以上の点を踏まえて、フリーランス型の制作会社を選定する際には、自社のニーズやリソース、そして何よりも制作会社とのチームワークを重視することが重要となります。

    次の章では、LP制作の費用相場について詳しく見ていきましょう。

    LP制作の費用相場はどれぐらい?

    LP制作の費用相場は、要望や要件によって大きく変動します。約10万円から60万円、または60万円以上となるのが一般的ですが、費用だけでなくサービス内容も重要な選定基準となります。

    ここでは、LP制作の費用相場とサービス内容について、3つの価格帯について見ていきましょう。

    • 低価格帯(約10万円~30万円程度)
    • 中価格帯(約30万円~60万円程度)
    • 高価格帯(60万円以上)

    それぞれ詳しく解説します。

    低価格帯(約10万円~30万円程度)

    低価格帯のLP制作では、ユーザーが目的の行動に至るまでの道のりを最適化し、最終的な成果を最大化させることを目標とします。

    具体的な内容について、見ていきましょう。

    <価格帯>

    約10万円~30万円程度

    <サービス内容>

    • 基本的なLPデザインとコーディング
    • 簡単なSEO対策
    • ユーザビリティを考慮した構成
    • コンバージョン率を高めるための要素配置

    <制作期間>

    1〜2ヶ月程度 ただし、これはあくまで目安であり、細かな要望や修正が多い場合、制作期間はさらに長くなることもある

    <LP制作の実例>

    • シンプルながらもユーザーの関心を引き、アクションを促すようなデザインのLPの制作
    • 商品の特徴や利点を明確に伝え、購入へと誘導するボタンを配置するなど、必要最低限の要素を備えたLPの制作
    • サービスの概要や特徴、利用者の声などを掲載したシンプルなLPの制作

    中価格帯(約30万円~60万円程度)

    中価格帯のLP制作では、品質とスピードを両立したサービスを提供しており、費用はそのサービス内容と期間に応じて設定されています。

    具体的な内容を見ていきましょう。

    <価格帯>

    約30万円~60万円程度

    <サービス内容>

    • デザイン制作
    • コンテンツ作成
    • LP上での動線設計
    • 特定のキーワードに対するSEO対策を施したLP制作
    • 効果測定のための解析ツールの導入

    <制作期間>

    1ヶ月から3ヶ月程度。クライアントの要望やLPの規模、複雑さにより変動する

    <LP制作の実例>

    • 新製品のローンチキャンペーン用LPの制作
    • 特定のターゲット層に向けたマーケティングキャンペーン用LPの制作

    高価格帯(60万円以上)

    高価格帯のLP制作では、印象的なビジュアルやユーザーの行動に合わせた動的なレイアウトなど、高価格帯ならではの特徴を持っています。

    具体的な内容について、見ていきましょう。

    <価格帯>

    60万円以上

    <サービス内容>

    • 複雑なデザイン
    • 多機能のLP制作
    • ユーザーの興味を引き、高いコンバージョンを目指す施策
    • ユーザーの行動分析に基づいたコンテンツの最適化
    • 専門的なSEO対策

    <制作期間>

    数ヶ月から半年程度。あくまで一例であり、細部にわたる要望や大幅な修正が発生した場合には、制作期間はさらに長くなる可能性がある

    <LP制作の実例>

    • 大手企業のプロモーションページ
    • 新製品のローンチページ

    LP制作の費用は一度きりのものではなく、運用・更新にもコストがかかります。効果的なLPを維持するためには、定期的な分析と改善が必要となるため、継続的な費用も考慮に入れる必要があるでしょう。初期費用だけでなく、運用・更新費用も含めたトータルコストを見積もることが求められます。

    費用相場を理解した上で、自社のニーズや予算に合ったLP制作会社を選ぶことが重要です。

    次の章では、おすすめのLP制作会社を種類別に詳しく見ていきましょう。

    種類別おすすめLP制作会社10選

    LPを作る制作会社は数多く存在し、それぞれが異なる特性や強みを持っています。特性や強みを理解し、自社のニーズに最も適したパートナーを選ぶことが、効果的なLP制作のカギとなります。

    そこで、おすすめのLP制作会社10社を厳選し、以下のとおり種類別に分類しました。

    • 実績豊富なホームページ制作会社
    • 比較的安いホームページ制作会社
    • Web広告が得意なホームページ制作会社
    • デザイン力が高いホームページ制作会社
    • EC・通販に強いホームページ制作会社

    それぞれ詳しく解説します。

    実績豊富なホームページ制作会社

    数々の有名企業と提携し、ビジネス成功に寄与してきた経験豊富なホームページ制作会社をご紹介します。

    株式会社アドライズ
    株式会社アドライズは、成果の出るLP制作を得意とする会社として名高いです。アドライズは、ユーザーが一度訪れたら最後まで読んでしまうような、魅力的で説得力のあるコンテンツ作りを得意としています。SEOに強いという特徴も持つため、検索エンジンからの流入を増やすLP制作を行います。

    アドライズの強みは、豊富な実績とともにクライアントのビジネスモデルを深く理解した上で、最適なランディングページを提案・制作することです。アドライズは広告運用も行っており、LP制作だけでなく、その後の運用まで一貫してサポートしてくれます。

    参照:株式会社アドライズ

    株式会社ポストスケイプ
    LP制作会社の中でも、特に注目すべき会社の一つが株式会社ポストスケイプです。ポストスケイプは、クライアントのビジネス課題を解決するための強力なビジュアルコンテンツ制作に特化しています。美しいデザインだけでなく、ユーザビリティやSEOに配慮したLP制作が可能で、クライアントのコンバージョン率向上に大いに貢献します。

    ポストスケイプは、LP制作だけでなくWebサイト全体のブランドストーリーテリングも得意としています。ブランドの世界観を一貫して伝えるLPを作りたい場合には、特におすすめの選択肢と言えるでしょう。

    参照:株式会社ポストスケイプ

    比較的安いホームページ制作会社

    スタートアップや中小企業にとって最適かつ、高品質なLPを低コストで提供するホームページ制作会社をご紹介します。

    株式会社TONOSAMA

    LP制作会社の中でも格安の料金設定で、クオリティに妥協しないサービスを提供しているのが株式会社TONOSAMAです。予算が限られている中小企業やスタートアップ企業にとって、価格と品質のバランスが良いこの会社は大変魅力的な選択肢と言えるでしょう。

    株式会社TONOSAMAは、ユーザーの視点に立ったLP制作を得意としています。ユーザーがサイトを訪れた時にすぐに興味を引きつけ、行動に移すべく誘導する効果的なコンテンツ制作が可能です。SEOに強いという特徴も持ち合わせており、検索エンジンからの流入を増やすことで、より多くの成果を上げることが期待できます。

    参照:株式会社TONOSAMA

    株式会社Ryuki Design
    特にコストパフォーマンスに優れていると評価されているのが、株式会社Ryuki Designです。Ryuki Designは、楽天ホームページの制作で名を知られるようになり、その後、技術と知識を活用してLP制作にも力を入れています。

    Ryuki Designの最大の特徴は、格安で高品質なLPを提供することです。経験と実績に裏打ちされた効率的な業務運営によるもので、クライアントにとっては大きなメリットとなります。

    高い技術力は、楽天ホームページ制作での評価からも明らかで、高い技術力をLP制作にも活かしています。

    参照:株式会社Ryuki Design

    Web広告が得意なホームページ制作会社

    LP制作だけでなく、その後のマーケティング戦略も一緒に考えてくれるWeb広告の専門家が集まるホームページ制作会社をご紹介します。

    ヴァンテージマネジメント株式会社
    ヴァンテージマネジメント株式会社は、デジタルマーケティング領域での豊富な経験と実績を持ち、特にバナー広告の制作においてはクオリティと効果性が高く評価されています。

    LP制作にバナー広告を取り入れることで、視覚的なインパクトを与え、ユーザーの興味を引きつけることが可能となります。ヴァンテージマネジメントはこの点において、デザイン、メッセージ、CTA(コール・トゥ・アクション)の配置など、バナー広告の有効性を最大限に引き出すための独自の手法を開発しているのです。

    ヴァンテージマネジメントはクライアントのビジネス課題や目標を深く理解し、要望に対応したオーダーメイドのLP制作を行うことで知られています。オーダーメイドのLP制作を行うことで、ユーザーがLPに訪れた際に必要な情報を効率的に提供し、コンバージョンに繋がる可能性を高めることができます。

    参照:ヴァンテージマネジメント株式会社

    StockSun株式会社
    StockSun株式会社は、クリエイティブなデザインと効果的なマーケティング戦略を組み合わせた独自のサービスを提供しています。結果、ユーザーの関心を引きつけ、Webサイトへの訪問を積極的に促進する魅力的なLPを制作することが可能です。

    StockSunはWebデザインだけでなく、SEO対策にも力を入れています。SEO対策は、Webサイトが検索エンジンで高い位置に表示されるようにするための重要な手段です。

    StockSunが制作するLPは、検索エンジンでの視認性を高め、より多くのユーザーをWebサイトに誘導します。

    参照:StockSun株式会社

    デザイン力が高いホームページ制作会社

    美しいだけでなく使いやすさも兼ね備えたLPを作成し、デザインのプロが揃うホームページ制作会社をご紹介します。

    株式会社ケイアートファクトリー
    株式会社ケイアートファクトリーは、クリエイティブな視点と効果的なマーケティング戦略を融合させたLP制作を提供しています。特に、独自のビジュアル表現とユーザビリティを重視したデザインが評価されており、これまでに数多くのクライアントから高い評価を得ています。

    制作だけでなく、LPの運用・分析・改善までワンストップで対応するため、クライアントは細かな手間を省き、集客力の向上に集中できます。

    参照:株式会社ケイアートファクトリー

    EC・通販に強いホームページ制作会社

    売上向上に直結する高効果なLPを提供し、EC・通販サイトのLP制作に特化したホームページ制作会社をご紹介します。

    株式会社エレクアライズ
    EC・通販サイト専門のLP制作会社として、株式会社エレクアライズはその名を挙げずにはいられません。エレクアライズは多くのEC・通販サイトのLP制作に携わり、売上や集客数の向上に寄与してきました。

    その実績と経験に基づき、エレクアライズが提供するLPは、ユーザーの購買行動を促進させるための独自の設計思想とSEOに強い構造を持っています。エレクアライズが強みとするのは、EC・通販サイトに特化した業界知識と、常に最新のSEO対策を取り入れたLP制作です。

    エレクアライズはSEOの観点から最適なLPレイアウトを提案し、コンテンツの品質向上にも努めています。結果、検索エンジンからの流入が増え、ユーザーがサイトを訪れやすくなることで、EC・通販サイトの経営者が目指す成果へとつなげています。

    参照:株式会社エレクアライズ

    株式会社ピスト
    EC・通販業界に特化したLP制作が得意な株式会社ピストに注目します。ピストは、ECサイトや通販サイトのLP制作において、豊富な経験と高い専門性を持つことで評価されています。ですので、EC・通販業界に特化したLP制作を求める企業からの信頼が厚いのです。

    ピストの強みは、EC・通販業界のユーザー行動や最新の市場トレンドに精通している点にあります。ユーザーが求める情報を的確に捉え、ユーザーの購買意欲を引き出す効果的なLPを制作することが可能です。

    参照:株式会社ピスト

    株式会社スタジオカレン
    最後に、弊社(株式会社スタジオカレン)もECや通販領域に強い制作会社です。

    SIXPADBULK HOMMEなど、みなさんが知っている商品のサイトやLPを多く手がけています。LP以外にもサイト作成も行っており、クライアント様の要望に柔軟にお応えできるよう努めております。

    ECや通販業界のLP制作を求める企業様はぜひご相談ください。

    参照:株式会社スタジオカレン

    紹介したLP制作会社の中には、自社のビジネスモデルや商品、サービスに最適なパートナーが見つかるはずです。また、各社の特徴を比較することで、自社がどのようなLP制作会社を求めているのか、求める基準が明確になることでしょう。

    ただ、ここで紹介する会社は一例に過ぎません。最終的な選定は、自社のビジネス目標、ブランドイメージ、予算、納期などを考慮し、複数の会社と面談や打ち合わせを行った上で決めることをおすすめします。

    次の章では、LP制作の内製化および外注化のメリット・デメリットについて詳しく見ていきましょう。

    LP制作は内製化が良い?それとも外注すべき?

    LP制作の内製化と外注化、実際どちらが良いのでしょうか?

    ここでは、自社の状況や目的、リソースによってどちらを選択すべきなのか、それぞれのメリット・デメリットを確認して見ていきましょう。

    • LP制作を内製化した場合のメリット・デメリット
    • LP制作を外注化した場合のメリット・デメリット

    それぞれ詳しく解説します。

    LP制作を内製化した場合のメリット・デメリット

    LP制作を内製化するか、外部の専門業者に委託するかどうかは、企業の目的や状況によって変わります。どちらが最適な選択肢なのかを判断するためには、それぞれのメリットとデメリットを理解することが重要です。

    まず、LP制作を内製化する最大のメリットは、以下のとおりです。

    • 外部の専門業者に依頼すると高額な制作費が発生するが、内製化すればそのコストを大幅に抑えることができる
    • 内製化することで自社のビジネスや製品についてより深く理解することができ、より効果的なLPを作成することができる

    一方、以下のようなデメリットも存在します。

    • 内製化すれば人件費や時間がかかるため、その分のコストを考慮する必要がある
    • LP制作にはSEO対策やデザイン、コンテンツの作成などの専門的な知識や技術が求められる

    以上のように、LP制作を内製化することによるメリットとデメリットにおいて、一概にどちらが良いとも言えません。最終的には自社の状況を見極め、長期的な視点で判断することが求められますが、外注化した場合についても見ていきましょう。

    LP制作を外注化した場合のメリット・デメリット

    ここでは、LP制作を外注化する場合のメリットとデメリットを詳しく見ていきましょう。

    まず、LP制作を外注化する最大のメリットは、以下のとおりです。

    • 専門知識と経験を持ったプロに任せられる
    • 自社のリソースを他の業務に集中させることができる

    一方、以下のようなデメリットも存在します。

    • 自社のビジョンやブランドイメージを十分に理解してもらうために、細部まで指示を出す必要があり、コストがかかる
    • 外注先が複数のクライアントを抱えている場合、リクエストに対する反応速度が遅くなる可能性がある

    以上のことを踏まえ、LP制作を外注するか内製化するかどうかは、自社の状況や目的、リソースによって決定するべきです。外注にはメリットもデメリットもありますので、しっかりと理解した上で選択することが重要です。

    まとめ:LP制作会社選定のポイント

    本記事を通じて、LP(ランディングページ)の重要性からLP制作会社の選定ポイント、費用相場、おすすめのLP制作会社まで詳細に解説してきました。

    最後に特に押さえて欲しいポイントについてまとめます。

    • LP制作会社選定の3つのポイントを押さえて、慎重に選ぶことが重要である。
    • LP制作会社にはそれぞれ独自の強みと弱みがあるため、その種類と特徴を理解して選ぶことが重要である。
    • LP制作の費用相場を理解した上で、自社のニーズや予算に合ったLP制作会社を選ぶことが重要である。
    • 制作を自社で行うか、外部に委託するかどうかは、自社のリソースやスキル、目的により決定すべきである。

    以上のポイントを頭に入れてLP制作会社を選定すれば、より効果的なLPを作ることができるでしょう。

    LP制作はスタジオカレンにお任せください

    スタジオカレンは1998年の創業以来、9,000を超えるさまざまなWebサイト制作に携わってきました。

    ・クリニックや整体・整骨院、飲食店など様々なWeb制作
    ・ECサイトの構築
    ・楽天などのECモールにおける制作
    ・LP制作

    と様々なWeb制作の実績があります。

    “つくる” を本気で楽しんでいる私たちだからこそ、ご提案できるものがある。
    Webに関わるお困りごとは、いつでもお気軽にスタジオカレンまでご相談ください。

    制作実績はこちら >
    お問い合わせはこちら >