2024.04.03

BLOG

ホームページ制作をフリーランスに依頼する方法!メリットや費用相場

ホームページ制作はビジネスの成功に不可欠な要素であり、その作成の方法としてフリーランスへの依頼が注目を集めています。この記事では、依頼の具体的な手順から、フリーランスへの依頼が持つメリット、さらには費用の相場について詳しく解説します。

フリーランスへの依頼初心者、すでに依頼経験がある方も、より良いホームページ制作のために役立つ情報を提供します。また、フリーランスへの依頼にはデメリットも存在するため、それらを踏まえた上での依頼のポイントも解説します。ホームページ制作をフリーランスに依頼することの全体像を把握し、自身のビジネスに最適な選択をするための参考にしてください。

目次

    ホームページ制作をフリーランスに依頼する方法

    ホームページ制作をフリーランスに依頼する方法は主に3つあります。

    ・クラウドソーシングサイト
    ・SNSを活用する
    ・知人に紹介してもらう

    それぞれ詳しく解説していきます。

    ■クラウドソーシングサイトを利用する
    ホームページ制作をフリーランスに依頼する一つの手段として、クラウドソーシングサイトの利用があります。クラウドソーシングサイトは、個人や企業が仕事・案件を依頼し、それに対してフリーランスが応募するプラットフォームです。代表例はLancers、CrowdWorks、Coconalaなどがあります。

    クラウドソーシングサイトで、フリーランスのスキル、経験、ポートフォリオを見ながら、自身のプロジェクトに最適な人物を選ぶことが可能です。また、価格交渉や納期の設定、仕事の進行管理、支払いなど、プロジェクト全体の管理が一元化されるのも特徴です。

    利用するメリットは、多数のフリーランサーから自由に選べる点や、価格や納期を自分で設定できる点にあります。また、サイト内でのやり取りにより、万が一トラブルが発生した場合でも、サイトが仲介役となってくれるため安心です。依頼内容を明確に伝えることで、思い描いた通りのホームページ制作を依頼することができます。

    ■SNSを活用する
    ホームページ制作をフリーランスに依頼する一つの手段として、SNSの活用があります。

    SNSはフリーランスの作品を手軽にチェックできます。InstagramやX(Twitter)などのSNSを活用すれば、フリーランサーの過去の作品やスタイルを理解することができます。また、SNSを通じてフリーランスと直接コミュニケーションを取ることが可能になるため、彼らの対応力やコミュニケーションスキルを評価することもできます。

    さらに、SNSを介した依頼方法は、一般的なメールや電話による依頼方法と比べてスピーディーです。DMやコメントを通じて短時間でフリーランサーにコンタクトを取り、詳細な打ち合わせをスケジュールすることが可能です。

    ただし、SNSを通じた依頼には注意点もあります。フリーランサーのSNSプロフィールがプロフェッショナルに見えるからと言って、必ずしもスキルが高いとは限りません。また、SNS上でのやりとりは非公式なため、契約内容や納期などの重要な事項は正式な契約書により確認することが必要です。

    ■知人に紹介してもらう
    知人に紹介してもらうという方法は、フリーランスのホームページ制作者を探すうえで非常に有効な手段です。すでに知人が依頼して満足したクオリティの制作者であるため、その実績と信頼性を確認することができます。しかし、そのためにはあなたがホームページ制作を依頼したいというニーズを周囲に伝える必要があります。

    具体的には、ビジネス関係のネットワーキングイベントやSNSを利用して、あなたがホームページ制作者を探していることを広めましょう。また、すでにホームページを持っている知人に対して、その制作者を紹介してもらうことも一つの手段です。

    重要なのは、自分の求めているものを具体的に伝えることです。例えば、サイトの目的、必要な機能、予算などを明確に伝えることで、適切な制作者を紹介してもらいやすくなります。この方法を利用すれば、信頼できるフリーランスのホームページ制作者を見つけることができ、あなたのビジネスに最適なホームページを制作することが可能になります。

    次の章ではホームページ作成を個人事業主に頼む場合の費用相場についてお伝えします。

    ホームページ作成をフリーランスに頼む場合の費用相場

    ホームページの作成を個人事業主、特にフリーランスのウェブデザイナーやエンジニアに依頼する際の費用相場は、多くの要素により変動します。一般的には、そのプロフェッショナルの経験やスキルセット、プロジェクトの規模や複雑さ、そして必要な機能やデザインの特異性などが、最終的な費用に大きく影響を与えます。また、依頼者の要求が詳細で複雑であればあるほど、費用も上がります。

    フリーランスに頼む場合のおおまかな費用相場はこちらとなります。

    ・ランディングページ:5~20万円
    ・ブログ:10~50万円
    ・コーポレートサイト:10~50万円
    ・ECサイト:30~300万円
    ・会員制サイト:30~300万円

    相場としては、シンプルなホームページの制作であれば10万円から30万円程度、中規模の企業サイトであれば50万円から100万円程度、大規模な企業サイトや高度な機能を必要とする場合はそれ以上の費用がかかることもあります。もちろんこれらはあくまで目安であり、具体的な費用は依頼内容やフリーランスの料金設定により異なります。

    フリーランスに依頼する際は、事前に見積もりをしっかりと出してもらうことが重要です。それにより、予期せぬ追加費用が発生することを避けることができます。また、見積もりだけでなく、その根拠となる作業内容や時間、さらには修正や更新にかかる費用についても確認することで、より明確な費用相場を把握することができます。

    フリーランスに依頼するメリット

    ホームページ制作をフリーランスに依頼するメリットは下記の通りです。

    ・Webサイト作成費用が抑えられる
    ・Web制作会社よりも稼働までが早い
    ・コミュニケーションがスムーズ

    それぞれ一つずつ詳しく解説していきます。

    ■Webサイト作成費用が抑えられる
    ホームページ制作をフリーランスに依頼する一つの大きなメリットとして、Webサイト作成費用が抑えられる点が挙げられます。フリーランスのウェブデザイナーやエンジニアは、従来の制作会社と比べてオフィスやスタッフの維持費が必要ないため、その分コストを抑えることが可能です。また、フリーランスはプロジェクトベースで働くため、必要なサービスだけを選んで依頼することができ、無駄な出費を避けることができます。

    フリーランスは個々の専門性やスキルにより、特定のニーズに対してカスタムメイドのソリューションを提供することが可能です。これは、一般的なパッケージ提供型のサービスではカバーできないニーズに対応するため、より効率的な費用対効果を実現します。

    フリーランスに依頼する場合には、そのスキルや経験、信頼性を確認することが重要です。その上で、費用と品質のバランスを見つけることが、Webサイト制作費用を抑える鍵となります。

    ■Web制作会社よりも稼働までが早い
    ホームページ制作をフリーランスに依頼するメリットの一つとして、そのスピーディーな稼働が挙げられます。大規模なWeb制作会社と比較して、フリーランスは個人での作業が主となるため、細かな調整や手続きが省かれ、より直接的かつ迅速にプロジェクトを進めることが可能です。特に、時間が限られている場合や、早急にホームページを立ち上げたいというニーズがある場合には、フリーランスの制作者に依頼することで効率的に目標達成につながります。

    また、フリーランスの制作者は、特定の分野や業界に特化した経験やスキルを持つことが多く、その専門知識を活かしたホームページ作成が可能です。専門的な知識を持つフリーランスに依頼すれば、その分野に精通した視点から最適なホームページ制作が期待できます。これは、一般的なWeb制作会社が持つ一律のフォーマットやテンプレートにはない、フリーランスならではのメリットです。

    ■コミュニケーションがスムーズ
    コミュニケーションのスムーズさもホームページ制作をフリーランスに依頼するメリットの一つです。フリーランスは個人で業務を運営しているため、クライアントとの直接的で迅速なコミュニケーションが可能です。制作過程での細かな調整や、要望の変更なども柔軟に対応することができ、クライアントの細かなニーズにもきめ細かく応えてくれます。

    また、フリーランスは一般的に特定の業界や技術に特化しているため、クライアントのニーズや要求を深く理解し、それに合わせた提案ができます。この専門性は、大手制作会社では一対一の関係を築くのが難しい場合でも、フリーランスならではの利点と言えます。

    さらに、フリーランスは自身の評価が直接ビジネスに影響を与えるため、クライアント満足度を最優先に考えます。フリーランスが提供するサービスの質を高め、クライアントのホームページ制作に対する期待を超えてくる可能性が高いです。

    フリーランスに依頼するデメリット

    ホームページ制作をフリーランスに依頼するデメリットは下記の通りです。

    ・HP作成者のスキルや得意分野が異なる
    ・依頼できる内容が限られる

    それぞれ一つずつ詳しく解説していきます。

    ■フリーランス(HP作成者)のスキルや得意分野が異なる
    ホームページ制作をフリーランスに依頼する際のデメリットとして、フリーランスのHP作成者それぞれのスキルや得意分野が異なるという点が挙げられます。一部のフリーランスはデザインに強く、他の一部はプログラミングが得意であるなど、得意な領域や経験が異なります。そのため、依頼者が具体的な要望を持っている場合、それがフリーランスの専門分野でない可能性があります。

    また、フリーランスは企業のように大勢のスタッフを抱えているわけではないため、個々の仕事の質にばらつきが出やすいです。特定の業務が堆積しているときや体調不良などで本来のパフォーマンスを発揮できない場合もあります。これは依頼者にとってはリスクとなります。

    さらに、フリーランスは個々の仕事を一人でこなすため、大規模なプロジェクトや急な変更に対応するのが難しい場合があります。

    ■依頼できる内容が限られる
    フリーランスのホームページ制作者に依頼する際の大きなデメリットの一つに、依頼できる内容が限られてしまうことが挙げられます。フリーランスは基本的に一人で作業を行うため、そのスキルと時間によって依頼できる範囲が制限されてしまいます。

    たとえば、Webデザインだけでなく、プログラミングやSEO対策、マーケティング戦略など、ホームページ制作にはさまざまな専門知識が求められます。しかし、これら全てのスキルを持つフリーランスは少なく、ある分野に特化したフリーランスを見つけるのが一般的です。そのため、一つのプロジェクトに複数のフリーランスを依頼する必要が出てきますが、それぞれの連携やスケジューリングなどに時間と手間がかかります。

    また、フリーランスは他の仕事も同時に進行していることが多く、そのために納期が遅れたり、質問にすぐに対応できない場合もあります。これは、企業内で専任のチームが制作を担当する場合とは大きく異なります。

    さらに、フリーランスに依頼した場合、その後のサポートやメンテナンスが十分に受けられない可能性もあります。これは、フリーランスが新たな仕事に移ると、以前の仕事に対するサポートが難しくなるためです。

    これらのメリット・デメリットを理解した上で、フリーランス選びや依頼内容の決定を行うことが重要です。

    依頼するときのポイント

    ホームページ制作をフリーランスに依頼する際には、いくつかの重要なポイントを頭に入れておくことが必要です。

    ・ホームページ制作の目的と目標を明確にする
    ・コミュニケーションを大切にする
    ・サービスの範囲とコストを明確に理解する
    ・スキルや経験を確認する

    それぞれ一つずつ解説していきます。

    ■ホームページ制作の目的と目標を明確にする
    重要なポイントの一つは、制作の目的と目標を明確に定義することです。まず初めに、ホームページを作成する目的をはっきりさせましょう。これは、商品やサービスを販売するため、ブランドの認知度を上げるため、情報を提供するためなど、様々な形で存在します。

    次に、具体的な目標を設定します。例えば、月々の訪問者数を一定数増やす、特定のページの滞在時間を延ばす、コンバージョン率を向上させるなど、数値で測定可能な目標が望ましいです。

    これらの目的と目標を明確にすることで、フリーランスの制作者に対して正確な指示を出すことが可能になります。フリーランスに依頼する際は、あなたのビジネスに対する理解を深め、効果的なホームページを制作するために、具体的な情報共有が必要です。目的と目標を明確にすることで、フリーランスとのコミュニケーションがスムーズになり、期待通りのホームページが完成する可能性が高まります。

    ■コミュニケーションを大切にする
    コミュニケーションを大切にすることは必須です。あなたが具体的にどのようなウェブサイトを望んでいるのか、その目的やターゲット、必要な機能などを明確に伝えることで、フリーランスのデザイナーもより適切な提案を行うことが可能になります。逆に、自身の要望をはっきりと伝えないことで、最終的な制作物が期待と異なる形になってしまう可能性もあります。定期的なミーティングを設け、制作の進行状況を確認したり、新たな要望を伝えたりすると良いでしょう。

    フリーランスのデザイナーやエンジニアは専門家です。そのため、彼らの専門的な意見や提案も尊重し、柔軟に対応することが求められます。コミュニケーションを通じて信頼関係を築くことで、期待を超えるホームページ制作が可能となるでしょう。

    ■サービスの範囲とコストを明確に理解する
    フリーランスのホームページ制作業者に依頼する際には、サービスの範囲とコストを明確に理解することが重要です。まず、制作業者が提供するサービスの範囲を把握することから始めましょう。デザインからコーディング、SEO対策まで一貫して対応してくれる業者もいれば、一部の作業のみを担当する業者もいます。また、ホームページ制作だけでなく、ウェブマーケティングやSNS運用など、その後の運用支援も含まれる場合もあります。

    このようなサービス内容によって、料金は大きく変動します。全てを一人で行うフリーランスであれば、その分費用が高くなることもありますし、特定の領域だけを担当する場合は、その分費用が抑えられることもあります。

    見積もりを取る際には、具体的なサービス内容とその範囲、そして料金体系を確認することが重要です。

    ■スキルや経験を確認する
    ホームページ制作をフリーランスに依頼する際の重要なポイントの一つが、そのフリーランスのスキルや経験を確認することです。特に、具体的な制作経験や専門分野、使用する技術スタック、制作スピード、過去の成果物などを詳しく聞くようにしましょう。これらの情報は、フリーランスがあなたのビジネスに対してどれだけの価値を提供できるかを判断するための重要な基準となります。

    また、フリーランスの評判やクライアントからのフィードバックを確認することも忘れずにしましょう。これらの情報は、フリーランスが実際の業務でどのようなパフォーマンスを発揮するかを予測するのに役立ちます。また、依頼する作業が特定のスキルを必要とする場合は、そのスキルを持っていることを確認することも重要です。これらのポイントを押さえて、自分のビジネスに最適なフリーランスを選びましょう。

    この記事のまとめ

    この記事では、ホームページ制作をフリーランスに依頼する方法について詳しく解説しました。
    最後に、特に押さえておいてほしいポイントをまとめます。

    ・フリーランスに依頼する方法として、クラウドソーシングサイト・SNS・知人紹介などがある。
    ・フリーランスに依頼するメリットとしては、コストパフォーマンスの高さや、柔軟な対応力が挙げられる
    ・フリーランスに依頼するデメリットとしては、スキルや得意分野が異なり、依頼できる内容が限られている
    ・依頼前に、ホームページ制作の目的を明確にし、フリーランスとのコミュニケーションを大切にする
    ・フリーランスのポートフォリオや過去の実績をしっかりと確認する

    ホームページ制作をフリーランスに依頼する際は、上記を頭に入れておくといいでしょう。ホームページ制作には時間がかかるため、フリーランスとのコミュニケーションを密に取り、期間や進捗についての確認も欠かさないようにしましょう。予算や納期、作りたいサイトの品質など、自身のニーズに合わせてフリーランスを選んでください。

    ホームページ制作を依頼するならスタジオカレンにお任せください

    スタジオカレンは1998年の創業以来、9,000を超えるさまざまなWebサイト制作に携わってきました。

    ・クリニックや整体・整骨院、飲食店など様々なWeb制作
    ・ECサイトの構築
    ・楽天などのECモールにおける制作
    ・LP制作

    と様々なWeb制作の実績があります。

    “つくる” を本気で楽しんでいる私たちだからこそ、ご提案できるものがある。
    Webに関わるお困りごとは、いつでもお気軽にスタジオカレンまでご相談ください。

    制作実績はこちら >
    お問い合わせはこちら >