2024.03.12

BLOG

ホームページ制作会社の選び方!Web制作会社のプロが徹底解説

WEB制作

ホームページ制作会社を選ぶとき、何を基準に選べばよいか迷う方も多いでしょう。その選択は、ビジネスの成功に大きく影響するため、慎重に行う必要があります。この記事では、ホームページ制作会社の選び方について、Web制作のプロが詳しく解説します。

 

失敗しないために必要なこととは何か、そしてプロが教える選び方のポイント9選を紹介します。さらに、Webサイト制作の一般的な流れを解説し、制作会社の選び方の注意点についても詳しく説明します。ホームページ制作会社(Web制作会社)を選ぶ際の参考にしていただければ幸いです。

目次

    ホームページ制作会社(Web制作会社)選びで失敗しないためにやるべきこと

    ホームページ制作会社選びで失敗しないためにやるべきことは下記の通りです。

    ・ホームページを作成する目的を明確にする
    ・ホームページのターゲットを設定する
    ・アピールしたいポイントを整理する
    ・ホームページ制作における費用・予算を決める
    ・ホームページ制作の納期を決める

    次の章ではそれぞれ詳しく解説していきます。

    ■ホームページを作成する目的を明確にする
    ホームページ制作を進める上で最初に行うべきことは、ホームページ作成の目的を明確にすることです。この目的があいまいだと、ホームページ制作会社を選ぶ基準もぼやけてしまいます。それにより、結果的に望む成果を得られない可能性が高まります。

    目的を明確にすることで、作成するホームページがどのようなものであるべきかのイメージが湧きます。例えば、商品を販売するためのECサイトなのか、会社の情報を伝えるコーポレートサイトなのか。それとも、ユーザーとのコミュニケーションを目的としたブログなのか。これらは全く目指すべき方向性が異なります。

    さらに、目的が明確であればあるほど、それに合ったホームページ制作会社を選ぶことができます。例えば、豊富なデザイン力を持つ会社、SEO対策に強い会社、利用者の行動分析に基づいたサイト制作が得意な会社など、各社の得意分野は様々です。目的を明確にすれば、自社の目的に最もマッチした会社を選ぶことができます。

    ■ホームページのターゲットを設定する
    ホームページ制作を始める前に、重要なステップとなるのがターゲットの設定です。ターゲットとは、どのようなユーザーに対して情報を発信したいのかを明確にすることです。ターゲットを設定することで、その後のデザインやコンテンツの方向性が明確になり、制作会社とのコミュニケーションもスムーズに進みます。

    例えば、商品の販売を目指すECサイトなら、購入を検討するユーザー層をターゲットに設定します。また、情報発信を主目的とするコーポレートサイトなら、自社のサービスや製品に関心を持つ人々をターゲットにします。このように、ホームページの目的とターゲットユーザーを明確にすることで、制作会社に対して具体的な要望を伝えることが可能になり、より目的に合致したホームページ制作が進むでしょう。

    ■アピールしたいポイントを整理する
    ホームページ制作会社を選ぶ前に、自社がアピールしたいポイントを整理しましょう。このポイントは、業界の特性、独自のビジネスモデル、目指すブランドイメージなど、自社の特色を反映したものでなければなりません。それが明確になれば、それを具現化できる制作会社を見つけやすくなるでしょう。

    また、具体的な要望がある場合は、要望をリストアップしておきましょう。例えば、特定のデザインスタイル、必要な機能、目指すユーザーエクスペリエンス等です。これらの要素を明確にしておくことで、制作会社に対する要望をはっきり伝えることができ、より具体的な提案を得られる可能性が高まります。

    制作前にアピールポイントをしっかりと考えておくことが、後の制作フローをスムーズに進め、成果に繋がるホームページを制作するための基盤となります。

    ■ホームページ制作における費用・予算を決める
    ホームページ制作会社を選ぶ前に、予算の設定をしましょう。予算設定の際には、自社の事業目標やホームページ制作によるROI(投資利益率)を考慮することが重要です。また、初期制作費用だけでなく、更新費用や運用費用も忘れずに計算に入れましょう。

    ホームページ制作にかかる費用は、制作内容や規模、制作会社の能力などにより大きく変動します。基本的には、ホームページの規模や機能、デザインの複雑さ、SEO対策の有無等が費用を左右します。

    予算を決めたら、それを明確に制作会社に伝えることが大切です。これにより、予算内で最大のパフォーマンスを発揮するホームページ制作が可能となります。

    ■ホームページ制作の納期を決める
    ホームページ制作会社を選ぶ前に、納期を決定しましょう。納期を決定する際には、企業のニーズと目標、制作会社の能力と専門知識など、多くの要素を考慮に入れる必要があります。

    まず、自社のビジネス目標を明確にし、それを達成するために必要なホームページの機能やデザインを特定しましょう。次に、制作会社がどの程度の時間を必要とするか、また制作会社の技術レベルや経験に基づいて納期を見積もることが重要です。

    適切な納期を設定することは、プロジェクト管理の面からも重要です。適切なスケジューリングは、各タスクの優先順位を決定し、リソースを適切に配分することを可能にします。また、納期を明確にすることで、制作会社とのコミュニケーションがスムーズになり、予期せぬ遅延や問題が発生した場合の対応もスピーディーになります。

    次の章ではホームページ制作会社選びで失敗しないために、重要なポイントを解説します。

    【プロが教える】ホームページ制作会社の選び方のポイント9選

    ホームページ制作会社の選び方は、ビジネスの成功に直接影響を及ぼします。適切な会社を選ぶことで、ホームページ制作の過程がスムーズに進み、より効果的なウェブサイトが完成します。このセクションでは、その悩みを解消するために、プロが教えるホームページ制作会社の選び方のポイント9選をご紹介します。

    ①ホームページ作成を依頼する会社の企業規模はどのくらいか
    ②ホームページ制作会社自身のWebサイトを作り込んでいるか
    ③ホームページ制作会社の得意分野が自社とマッチしているか
    ④ホームページ制作会社の実績や評判はどうか
    ⑤対面で打ち合わせが可能か
    ⑥コミュニケーションに問題がないか
    ⑦予算内・希望納期でWebサイト制作が可能か
    ⑧ホームページの制作体制がしっかりしているか
    ⑨ホームページ制作後のフォローや運用はあるか

    これらのポイントを押さえて選ぶことで、自分に最適なホームページ制作会社を見つけることができます。次の章で、それぞれ詳しく解説していきます。

    ①ホームページ作成を依頼する会社の企業規模はどのくらいか
    企業規模はホームページ制作会社を選ぶ上で大きなポイントの一つです。大手企業であればあるほど、多数のクライアントを抱え、豊富な経験と知識を有している可能性が高いです。しかし、大きな企業は組織が大きくなりすぎて、個々のクライアントに対する対応が丁寧でない場合もあります。反対に、小規模な企業では、個々のクライアントと密にコミュニケーションを取りながら、細かい要望にも対応できる柔軟性を持っていますが、経験やノウハウが不足している可能性もあります。

    制作会社の企業規模を判断する際には、自社のニーズとバランスを取ることが重要です。例えば、大規模なウェブサイト制作を依頼する場合や、特殊なテクノロジーを用いた高度なウェブサイトを望む場合は、大手企業を選ぶことを検討すると良いでしょう。一方、自社のウェブサイトに特定の個性や特色を持たせたい場合、または密接なコミュニケーションを持ちたい場合は、小規模な企業を選ぶと良いでしょう。

    ②ホームページ制作会社自身のWebサイトを作り込んでいるか
    ホームページ制作会社を選ぶ際の第2のポイントは、会社自身のWebサイトがどの程度作り込まれているかです。これは非常に重要なポイントで、その会社の技術力やデザインセンス、ユーザビリティへの配慮などが具体的に現れる部分だからです。

    まずは、会社のWebサイトが見やすく、情報が探しやすいかを確認してみましょう。ナビゲーションは直感的に操作できるか、また、ページのローディングスピードは適切なのかも見てみましょう。これらは基本的なユーザビリティの観点から見て重要な要素で、これらが整っている会社はユーザーの視点を理解していると言えます。

    次に、デザインやレイアウトに注目してみましょう。色使いやフォント、画像の配置等で高度なデザインスキルが感じ取れるか確認します。

    また、そのWebサイトはデスクトップだけではなくモバイルで見ても適切に表示されるか確認しましょう。これはレスポンシブデザインと呼ばれ、現代のWebサイト制作では必須のスキルです。

    さらに、SEO対策がされているかも見逃せません。例えば、各ページのタイトルタグやメタディスクリプションが適切に設定されているか、コンテンツはユニークで価値ある情報を提供しているかなどをチェックしましょう。

    これらを確認することで、その制作会社が本当に高品質なホームページを制作できるかを見極めることが可能です。自社のWebサイト制作には、その会社の真剣さとプロ意識が反映されます。

    ③ホームページ制作会社の得意分野が自社とマッチしているか
    選び方のポイント3つ目は、会社が得意とする分野や専門性が自社のニーズと一致しているかどうかを確認することです。例えば、あなたがECサイトを運営している場合、EC向けのWebデザインや機能を理解している制作会社を選ぶと良いでしょう。また、自社が特定の業界に属している場合は、その業界特有の要件や規制を理解している制作会社を選ぶことも重要です。

    また、自社のビジネスモデルや目指す方向性に対して、制作会社が深い理解を持っているかも確認しましょう。それは、ホームページ制作がただ見た目を整えるだけではなく、ビジネスの成長や目的達成に関係するツールであるべきだからです。

    ホームページ制作会社の得意分野が自社とマッチしているかどうかを検討することで、より効果的なホームページ制作が可能になります。

    ④ホームページ制作会社の実績や評判はどうか
    選び方のポイント4つ目として、ホームページ制作会社の実績や評判をしっかりと確認することが重要です。実績や評判は、その会社が過去にどのようなホームページを制作してきたか、またその質やクライアントからの評価を反映する直接的な指標となります。

    まず、実績については、会社の公式サイトやポートフォリオで確認できます。彼らが手がけたWebサイトのデザインや機能、そしてそのWebサイトがどのような成果を上げているかをチェックしましょう。実績のある制作会社は、多様なニーズに対応できる能力や経験を有していることを示しています。

    次に評判については、クライアントのレビューや口コミ、評価サイトなどを調査します。ただし、すべての評判が真実を反映しているわけではないため、一部のネガティブな評価だけで判断しないように注意が必要です。可能であれば、直接クライアントに連絡を取り、その会社との取引体験を聞き出すとより具体的な情報を得られます。

    実績や評判を確認することは、あなたが信頼できるホームページ制作会社を選ぶための基本的なステップです。これらの情報をもとに、自社のビジネスに最適なパートナーを見つけることができます。

    ⑤ホームページ制作会社と対面で打ち合わせが可能か
    ホームページ制作を成功させるためには、制作会社とのコミュニケーションが不可欠です。その中でも、特に重要なのが対面での打ち合わせの可否です。なぜなら、対面であれば、お互いの顔を見ながら直接話すことで、より深い理解と信頼関係を築くことが可能だからです。

    また、電話やメールだけでは伝えきれない微妙なニュアンスを掴むこともできます。これは、特にデザインの説明や修正の指示など、具体的で詳細な話し合いが必要な場面で有効です。

    しかし、全てのホームページ制作会社が対面打ち合わせを提供しているわけではありません。遠方にある会社や、コスト削減のために対面打ち合わせを控える会社も存在します。そのため、制作会社選びの際には、事前に対面での打ち合わせが可能かどうかを確認しましょう。

    ⑥コミュニケーションに問題がないか
    ホームページ制作は複雑なプロジェクトであり、クライアントと制作会社の間で円滑なコミュニケーションが必須です。そのため、会社選びのポイントとして「コミュニケーションに問題がないか」が重要です。まず、プロジェクトの進行状況や課題、改善点などを適切に共有できるか確認しましょう。これは、メール返信の速度や内容、ミーティングの進行方法などから判断できます。

    また、あなたのビジョンを理解し、それを具現化するための提案が適切になされるかも重要です。これは、制作会社があなたのビジネスや目標、ターゲットとなる顧客を理解しているかどうかを示しています。相手があなたの考えを尊重し、適切なフィードバックや提案を行うことで、ホームページ制作がスムーズに進行します。

    適切なコミュニケーションが行われているかを確認することで、最適な会社を選ぶ一助となります。

    ⑦予算内・希望納期でWebサイト制作が可能か
    ホームページ制作会社を選ぶ際、予算と納期は非常に重要な要素です。予算がオーバーしてしまったり、希望納期に間に合わないことがないように、事前にしっかりと確認しておきましょう。

    まず、制作費用についてですが、ホームページ制作会社は業者によって価格設定が異なります。安さだけで選ぶと、クオリティが低かったり、後々追加費用が発生したりする可能性があります。

    予算内で高品質なWebサイト制作が可能な業者を選びましょう。また、見積もりを取る際は、制作費用だけでなく、運用・保守費用も含めて全体のコストを把握することが重要です。

    次に、納期についてですが、ホームページ制作には時間がかかります。具体的なスケジュールを立て、それが守られるかどうかも確認しておくことが大切です。また、納期を守るだけでなく、途中での修正やフィードバックの時間も考慮に入れる必要があります。

    予算と納期をしっかりと確認し、理想的なWebサイトを制作してくれる会社を選びましょう。

    ⑧ホームページの制作体制がしっかりしているか
    ホームページの制作体制がしっかりしているか否かは、会社選定の重要な要素となります。制作体制が整っている会社は、プロジェクトの進行状況を的確に共有し、予期せぬトラブルへの対応もスムーズに行えます。

    制作体制を確認するためには、制作プロセスの透明性、コミュニケーションの取り易さ、納期やコストの管理体制などを見てみましょう。

    まず、制作プロセスの透明性は、会社がプロジェクトの進行状況をどの程度明確に共有してくれるかを示します。進行状況が随時更新され、クライアントがいつでも確認できる体制が整っているかを確認しましょう。

    次に、コミュニケーションの取り易さも重要なポイントです。問い合わせに対するレスポンスの速さや、質問に対して適切なアドバイスがもらえるかも、会社選びの判断基準となります。

    納期やコストの管理体制も重視されます。納期が遅れたり、予算オーバーになることは、ビジネスに大きな影響を及ぼします。納期の遵守や、コストの透明性を重視する会社を選ぶことは、安心して任せられるパートナーを見つけるために欠かせません。

    これらのポイントを踏まえ、ホームページの制作体制がしっかりしている会社を選ぶことで、安定した品質と効率的な制作を期待できます。

    ⑨ホームページ制作後のフォローや運用はあるか
    ホームページ制作が完了した後も、その運用と更新は続けるべきです。なぜなら、SEO対策やユーザー体験の改善は常に進化し、その最新の動向に合わせてウェブサイトを更新していくことが必要だからです。したがって、選ぶべきホームページ制作会社は、制作後のフォローや運用支援サービスを提供している会社です。

    例えば、制作後の運用支援サービスとしては、定期的なウェブサイトの分析や改善提案、最新のSEO対策のアドバイスや実施、コンテンツの更新や追加などが挙げられます。これらはWebサイトが持続的に成長し、目標を達成するためには欠かせない要素です。

    また、制作会社がアフターサポートをしっかりと提供しているかどうかは、その会社がクライアントのビジネス成功を真剣に考えているかどうかを判断するための一つの指標でもあります。ホームページ制作は一過性のプロジェクトではなく、長期的なパートナーシップを築くべきです。

    次に、Webサイト制作の一般的な流れについて説明します。

    Webサイト制作の一般的な流れ

    Webサイト制作の一般的な流れが存在します。

    まず企画段階では、Webサイトの目的や目標、ターゲットとなるユーザーの特性を明確にします。

    設計段階では、サイトマップの作成やコンテンツの設計、デザインの方向性を決めます。この設計段階での詳細な計画は、制作効率の向上と後の運営をスムーズにするために重要な役割を果たします。

    その後、制作段階に入ります。ここでは、デザインの具体化、コーディング、システムの導入などが行われます。デザインはユーザビリティやSEOを考慮して作られ、コーディングはそのデザインを実現します。システムの導入は、CMSやECサイトなど、Webサイトの運営に必要なシステムを選択し、導入します。

    制作が完了したら、テスト段階に移行します。動作確認やリンクチェック、表示速度のチェックなどを行い、問題がなければ公開します。

    運用・保守段階では、アクセス解析によるサイトの評価や改善、定期的な更新が必要になります。

    これらが一般的なWebサイト制作の流れとなります。具体的な工程は依頼内容や制作会社により異なるため、具体的な内容は制作会社との打ち合わせで確認しましょう。

    次の章ではホームページ制作会社を選定する際の注意点を紹介します。

    ホームページ制作会社を選定する際の注意点

    ホームページ制作会社を選定する際にいくつか注意点があります。

    ・デザイン重視で選定する時の注意点
    ・システム重視で選定する時の注意点

    次の章では上記2つについて、それぞれ詳しく解説していきます。

    ■デザイン重視で選定する時の注意点
    ホームページ制作会社を選ぶ際、デザインの美しさに目を奪われがちですが、その選定には注意が必要です。デザインが魅力的であることは大切ですが、それだけで会社を選ぶのはリスクが伴います。

    まず、デザインの質だけでなく、その会社が提供する全体的なサービスの質も考えるべきです。例えば、顧客サポートの対応やアフターフォローの質なども重要な要素です。

    また、デザインが優れているからといってその会社がSEOに強いわけではありません。SEO対策はホームページ制作の重要な一部であり、検索エンジンで上位表示されることで訪問者数が増え、結果的にビジネスの成功につながります。そのため、デザインと同時にSEO対策も重視することがオススメです。

    さらに、デザインが美しいだけでなく、ユーザビリティに優れているかどうかもチェックしましょう。例えば、サイトのナビゲーションが分かりやすいか、ユーザーが求める情報にすぐにたどり着けるかなど、利用者目線のデザインが求められます。

    デザインに限らず、ホームページ制作会社を選ぶ際は、複数の視点から総合的に評価することが重要です。その上で、自社のビジネスに最適なパートナーを見つけることを目指しましょう。

    ■システム重視で選定する時の注意点
    ホームページ制作会社を選定する際、その技術力やシステムに注目することは非常に重要です。しかし、ただ単に高度なシステムを持っている会社を選ぶのではなく、自社のニーズや目標に合ったシステムを提供できるかを評価することが求められます。

    まず、制作会社のシステム開発能力を見極めるためには、そのポートフォリオを詳細に確認することが必要です。これにより、会社が過去に取り組んだプロジェクトのクオリティや多様性を把握することができます。

    次に、提供されるシステムが自社の運用体制や長期的なビジョンに適合するかどうかを考慮してください。例えば、CMSの操作性やカスタマイズ性、またサポート体制などは、ウェブサイトの運用効率や拡張性に直結します。

    最後に、一定のシステムメンテナンスやアップデートが保証されているかを確認し、将来的にも安心してサイト運用ができるようなパートナーを選ぶことが重要です。

    ホームページ制作会社の選び方のまとめ

    この記事では、失敗しないためにやるべきこと・プロが教える選び方のポイント・一般的なWebサイト制作の流れ、そして選定する際の注意点までを詳細に解説しました。

    最後に、特に押さえておいてほしいポイントをまとめます。

    ・ホームページを制作する目的を明確にする
    ・予算や納期をしっかり決める
    ・ホームページ制作会社の得意分野が自社とマッチしているか調べる
    ・ホームページ制作会社の実績や評判を調べる
    ・制作体制と制作後のフォローも確認する

    この記事を通じて、ホームページ制作会社選びの手順や重要な視点が明確になり、自社に最適なホームページ制作会社を見つけてください。

    Web制作のことならスタジオカレンにお任せください

    スタジオカレンは1998年の創業以来、9,000を超えるさまざまなWebサイト制作に携わってきました。

    ・クリニックや整体・整骨院、飲食店など様々なWeb制作
    ・ECサイトの構築
    ・楽天などのECモールにおける制作
    ・LP制作

    と様々なWeb制作の実績があります。

    “つくる” を本気で楽しんでいる私たちだからこそ、ご提案できるものがある。
    Webに関わるお困りごとは、いつでもお気軽にスタジオカレンまでご相談ください。

    制作実績はこちら >
    お問い合わせはこちら >