2024.03.25

BLOG

ホームページのリニューアルは必要?目的やタイミング・流れを解説

WEB制作

ホームページのリニューアルは、単にデザインを新しくするだけではなく、集客力を高め、ユーザー体験を向上させるための重要なプロセスです。しかし、その必要性や目的、最適なタイミング、その具体的な流れや進め方については、多くの企業が把握していないのが現状です。

本記事では、ホームページのリニューアルについて詳しく解説します。まずは、ホームページリニューアルの必要性について考えてみましょう。その後、企業ホームページのリニューアルを行う主な目的や理由、リニューアルすべきタイミングについて解説します。

さらに、失敗しないための進め方、依頼時にかかる費用についても触れていきます。ぜひ最後までお読みください。

目次

    ホームページをリニューアルする必要性は?

    ホームページをリニューアルする必要性を感じない人もいるのではないでしょうか。

    ホームページは企業の顔とも言える存在であり、そのデザインやコンテンツは、顧客が企業に対して抱くイメージを大きく左右します。時代と共に変わる消費者の嗜好、進化するテクノロジー、変わりゆく市場環境などに対応するためには、定期的なホームページのリニューアルが不可欠です。

    古い情報やデザインがそのまま残された状態のホームページは、企業のブランドイメージを損なう可能性があります。また、SEO対策を施すことで検索エンジンからの流入を増やす為にも、ホームページの内容を最新のものに更新し続けることが求められます。

    このような観点から、ホームページのリニューアルは企業にとって重要な経営課題となります。

    次の章では企業ホームページにおけるリニューアルの目的について説明します。

    企業サイトにおけるリニューアルの主な目的・理由

    企業のホームページは、その企業の顔役ともいえる存在であり、多くのお客様が最初に訪れる場所です。そのため、ホームページは常に最新の情報を提供し、ユーザーの利便性を追求することが求められます。企業ホームページのリニューアルはこのような要請に対応するためのもので、その主な目的は大きく分けて4つあります。

    ・Webサイトのアクセス・コンバージョン数を増やす
    ・デザインを刷新する
    ・機能をアップデートする
    ・複雑になっている構造を整理する

    それぞれの目的について詳しく解説していきます。

    ■Webサイトのアクセス・コンバージョン数を増やす

    企業ホームページのリニューアルは、多くの場合、アクセス数の増加やコンバージョンレートの向上を目的に行われます。現在のウェブ環境では、ユーザーの行動パターンは日々変わり、その結果、企業ホームページもそれに応じて進化し続ける必要があります。

    SEO対策やユーザビリティの改善、デザインの最新化など、リニューアルを通じてウェブサイトを最適化することで、訪問者のエンゲージメントを高め、結果的にアクセス数やコンバージョン数の増加を見込むことができます。

    また、企業のブランドイメージの向上や事業内容の変更、サービスの拡大などに伴う情報の更新のためにも、ホームページのリニューアルが必要とされます。情報が古いままであると、ユーザーに対して企業の信頼性を損なう可能性があります。新しい情報を定期的に更新し、ユーザーに最新の情報を提供することで、信頼性の向上と同時に、リピート訪問の増加を期待することができます。

    さらに、リニューアルはホームページが持つ技術的な問題を解決する機会でもあります。例えば、モバイル対応の不足、ページロード速度の遅さ、セキュリティの問題などは、ユーザー体験を損ない、結果的にアクセス数やコンバージョン数の減少を招く可能性があります。これらの問題を解決することで、ホームページのパフォーマンスを向上させ、ユーザーにとって使いやすいウェブサイトを提供することが可能となります。

    ■デザインを刷新する

    企業ホームページのリニューアルの主な目的の一つに、デザインの刷新が挙げられます。デザインはユーザーが企業のブランドイメージを把握する上で重要な要素です。現状のデザインが古くなり、時代遅れと感じられる場合や、競合他社と差別化を図るため、新しいデザインに変更することが求められます。

    また、ユーザーの行動に影響を及ぼすためにもデザインは欠かせません。例えば、ユーザビリティに配慮したデザインはユーザーのサイト内での行動をスムーズにし、コンバージョン率の向上に寄与します。ホームページのデザインは企業の顔とも言えるため、そのデザインが顧客に与える印象は大きいのです。

    加えて、SEO対策の一環としてもデザインの刷新が必要となることがあります。最適化されたデザインは、検索エンジンによる評価を高め、検索結果の上位表示に寄与します。ビジュアルの一新だけでなく、ユーザビリティやSEOを考慮したデザインへの更新は、企業のオンラインでの競争力を高める重要な要素となるのです。

    ■機能をアップデートする

    企業ホームページのリニューアルの目的の一つは機能のアップデートが挙げられます。機能のアップデートとは、ホームページの機能性を高めるための改善や新たな機能の追加を指します。これには、使いやすさの向上、情報のアクセシビリティの強化、ユーザー体験の改善などが含まれます。

    具体的には、ユーザーが求める情報を瞬時に見つけられるような検索機能の強化や、スマートフォンやタブレットなど複数のデバイスに対応したレスポンシブデザインの導入、ユーザーとのコミュニケーションを促進するSNS連携機能の追加などが考えられます。

    これらの機能アップデートを行うことで、ホームページはユーザーや検索エンジンからの評価を高めることが可能です。結果的に企業のブランドイメージの向上やビジネスチャンスの拡大につながるメリットがあります。

    ■複雑になっている構造を整理する

    複雑になっている構造を整理する目的のために、企業ホームページのリニューアルを行うこともあります。企業のホームページが時間と共に肥大化し、その構造が複雑化することは珍しくありません。このような状況は、訪問者が求める情報に素早くアクセスできず、結果としてユーザーエクスペリエンスが低下する原因となります。

    また、SEO対策の観点からも問題となります。複雑化したサイト構造は、検索エンジンのクローラーが正しくページをインデックスできない可能性があります。これらの問題を解消するために、企業はホームページのリニューアルを検討することが必要です。

    リニューアルの一環として、まずはサイトの構造を整理することが求められます。情報の整理・再構成を通じて、訪問者が情報を探しやすい構造に改善し、ユーザビリティを向上させるべきです。また、SEO対策として、サイトのインデックス化をスムーズに行うために、サイトマップの見直しやURL構造の最適化も重要となります。

    このように、企業ホームページのリニューアルは、単純にデザインを変えるだけでなく、訪問者と検索エンジンの両方にとって利便性を高めることを目的とした活動であり、その一環として複雑になった構造の整理が不可欠です。

    リニューアルすべきタイミング

    会社のホームページをリニューアルするタイミングは、具体的にはいつなのでしょうか? 一概には定められませんが、いくつかの兆候を見抜くことで、適切なタイミングを探ることができます。

    リニューアルを検討すべきタイミングは下記の通りです。

    タイミング1つ目は、ホームページのデザインが古くなってきた場合です。デザインはユーザーに対する会社の第一印象を決定付ける要素であり、時代遅れのデザインはユーザーの離脱を引き起こす可能性があります。

    タイミング2つ目は、サイトの機能性が低下している場合です。例えば、モバイル対応が不十分であったり、ページの読み込み速度が遅いといった問題がある場合、ユーザー体験が低下し、リニューアルが必要となるでしょう。

    タイミング3つ目は、SEO対策が不十分な場合です。検索エンジンのアルゴリズムは日々更新されており、古いSEO対策では効果が見込めないこともあります。リニューアルを通じて最新のSEO対策を取り入れることで、検索エンジンからの流入を増やすことができます。

    最後に、コンテンツが更新されていない場合もリニューアルのタイミングとなります。ユーザーは新鮮な情報を求めているため、古い情報を掲載したままではユーザーの満足度は低下します。これらの問題を抱えている場合、ホームページのリニューアルを検討するべきタイミングと言えるでしょう。

    【失敗しない】リニューアルする流れ・進め方

    ホームページのリニューアルは企業の成長と共に避けては通れない道です。しかし、適切なプロセスを経ずに安易にリニューアルに着手すると、途中で失敗してしまう可能性があります。この章では、ホームページのリニューアルを成功させるための具体的な流れと進め方について詳しく解説します。

    ・現在のWebサイトの課題を分析
    ・目的と目標数値を設定
    ・競合サイトを分析
    ・サイトマップ・構成図を整理
    ・デザイン・コンテンツ制作・開発
    ・効果測定
    ・運用・改善
    ・目的と目標数値を設定

    それぞれ詳しく解説していきます。

    ■現在のWebサイトの課題を分析

    ホームページリニューアルの前には、まず現在のWebサイトの課題を深く理解することが重要です。課題の特定は、リニューアルの目的を明確にし、より効果的な結果を得るためのステップとなります。ここでは、どのようにして現状のホームページの問題点を洗い出し、解決策を見つけるかの進め方について解説します。

    まず、Webサイトのアクセス解析を行いましょう。ユーザーがどのページを訪れているのか、どのページから離脱しているのか、どのような行動を取っているかなどの情報は、Webサイトの弱点を特定する手がかりとなります。検索エンジンからの流入状況や、使用デバイスの傾向等もチェックしましょう。

    次に、ユーザー視点でのサイト評価も欠かせません。デザインや使い勝手、コンテンツの質など、ユーザーが直面する可能性のある問題を見つけ出すためには、実際にサイトを利用することが重要です。ユーザーテストやアンケートなどを用いて、直接的なフィードバックを収集するのも有効です。

    さらに、競合他社のホームページを比較分析することで、自社サイトの見直すべきポイントや、改善のための新たなアイデアを得ることができます。これらの分析を通じて、リニューアルに向けた方向性を明確にしましょう。

    ■目的と目標数値を設定

    ホームページをリニューアルすることによって何を達成したいのか目的を明確にすることが重要です。新たなビジネス展開、ユーザー体験の向上、SEO対策の強化、ブランドイメージの更新など、目的は様々です。

    目的が決まったら、次にそれを達成するための具体的な目標数値を設定します。例えば、リニューアルによって訪問者数を何%増やすのか、コンバージョン率を何%上げるのかなど、数値で明示することで、プロジェクトの進行状況を定量的に把握することが可能となります。また、目標数値は具体的かつ達成可能な範囲で設定することが肝心です。

    さらに、目的と目標数値の設定は、リニューアルの方向性を示すだけでなく、その成果を評価する基準ともなります。リニューアル後に目標数値が達成されているかをチェックすることで、リニューアルが成功したかどうかを判断することができます。

    このように、目的と目標数値の設定は、ホームページのリニューアルをスムーズかつ効果的に進めるための最初の一歩と言えるでしょう。

    ■競合のサイトを分析

    ホームページのリニューアルを進める際、重要なステップとなるのが、競合サイトの分析です。これは、自社のウェブサイトが業界内でどの位置にあるのかを理解し、最新のトレンドやユーザーのニーズを把握するために不可欠な作業です。

    競合分析の進め方はまず、競合サイトをピックアップしましょう。業界内で成功している企業や、自社と類似のサービスを提供している企業のウェブサイトを選ぶと良いでしょう。その上で、各サイトのデザイン、コンテンツ、ナビゲーションの使い勝手、SEO対策などを詳細にチェックします。特に、ユーザーがサイト内をどのように移動しているか、どのページが最も訪問されているかなどのユーザー行動を分析することで、改善点を見つけ出すことができます。

    また、競合サイトの強みと弱みを把握し、自社のウェブサイトにどのように反映させるかを考えることも大切です。例えば、競合が優れたUI/UX設計をしている場合、それを参考に自社サイトのデザインを見直すことも一つです。一方、競合がSEO対策を怠っている場合、それを逆手に取り、自社サイトのSEOを強化することで競争優位を得ることも可能です。

    このように、競合サイトの分析はリニューアルの成功に向けた重要な一歩です。自社の立ち位置を正確に把握し、競合から学び、自社サイトの改善点を見つけ出しましょう。

    ■サイトマップ・構成図を整理

    ホームページをリニューアルする際には、サイトマップや構成図の整理が必要となります。これらのツールは、ホームページの全体像を把握し、どの部分をどのように変更すべきかを明確にするための重要な手段です。

    まず、現在のサイトマップを見直し、ユーザーが求めている情報に簡単にアクセスできるような構造になっているか確認しましょう。特に、必要なページが欠けていないか、不要なページはないか、ナビゲーションは直感的に理解できるかといった点を重視することが重要です。

    次に、新しいサイトマップを作成し、リニューアル後のホームページの構造を設計します。この際には、SEOにおけるキーワード配置や内部リンクの最適化も考慮に入れると良いでしょう。これらの準備をしっかりと行うことで、スムーズかつ効果的なホームページリニューアルが可能となります。

    ■デザイン・コンテンツ制作・開発

    目指すべきブランドイメージ、目標とするユーザー体験、求められる機能等を具体化し、それを元に新しいデザインの方向性を決定します。

    次に、コンテンツ制作に移ります。SEO対策を意識しながら、ユーザーが求める情報を提供する魅力的なコンテンツを作り出すことが求められます。

    最後に、開発フェーズに入ります。ここでは、デザインとコンテンツが融合したホームページを技術的に実現するため、プログラミングやCMSの設定などが行われます。

    リニューアルを進める際は、各フェーズでのチェックポイントを設け、進行状況を確認しながら進めることが重要です。また、全体のスケジュール管理を怠らないことで、計画通りにリニューアルを完了させることができます。

    ■効果測定の実施

    ホームページをリニューアルする際には、効果を適切に測定することが求められます。リニューアルの効果を測定することで、その成果を把握し、必要に応じて更なる改善を進めることができます。

    効果測定は、リニューアル前後の訪問者数や滞在時間、ページビュー数などを比較することで行います。また、訪問者の行動パターンや購入までの流れなど、ユーザーの行動分析も重要な要素となります。

    さらに、SEO対策の観点からも、リニューアル後のサイトの検索エンジンにおける順位や、特定のキーワードでの表示順位などをチェックすることが必要です。

    これらの情報は、リニューアルが検索エンジンにとって適切に評価されているか、またユーザーにとって有益なコンテンツが提供できているかを判断するための重要な指標となります。

    リニューアルの効果測定は一度きりのものではなく、定期的に行うことでリニューアルの成果を最大限に引き出すことが可能となります。

    ■運用・改善

    リニューアル後は、ユーザーの反応やサイト訪問者数の変動を定期的に確認し、必要に応じた改善を行っていくことが重要です。

    アクセス解析ツールを使用することで、ユーザーの行動や訪問者の傾向を把握することができます。これにより、サイト内のどのページが注目されているのか、どのページから離脱しているのか、どのようなキーワードで訪れているのかなど、具体的なデータに基づいた分析・改善が可能となります。

    ホームページのリニューアルは一度きりのものではありません。インターネットの世界は日々変化しており、ユーザーのニーズも変わります。そのため、時期を見て再度のリニューアルを考えることも重要です。リニューアルをする期間は業界やサイトの性質によりますが、一般的には2〜3年に1回を目安に考えると良いでしょう。

    依頼時にかかる費用

    ホームページのリニューアル依頼時にかかる費用は、リニューアルの規模や依頼する業者によって大きく異なります。簡易的なデザイン変更や文章の更新だけであればそれほど費用はかからないかもしれませんが、全面的なリニューアルを行う場合、新たなシステム導入・機能追加などの要素が加わると、高価格になることもあります。

    また、SEO対策を強化したい場合や、ユーザビリティを大幅に向上させたい場合には、専門的な知識を持つプロフェッショナルに依頼することが必要となり、その分費用も上がります。

    ホームページのリニューアルにかかる費用相場は下記の通りです。

    ・デザイン刷新:10~100万円
    例)ロゴ変更、カラー変更、レイアウト変更

    ・機能追加:30~300万円
    例)予約システム、会員登録システム、決済システム

    ・SEO対策:50~100万円
    例)キーワード選定、コンテンツ修正、被リンク対策

    ・レスポンシブ対応:10~50万円
    例)スマートフォン対応化

    具体的な費用については、リニューアルの規模や内容によります。まずは複数の業者から見積もりを取ることをおおすすめします。注意点として、単に費用の安さだけでなく、業者の実績や信頼性、提供するサービスの質も考慮に入れると良いでしょう。

    ホームページリニューアルに関するまとめ

    ホームページのリニューアルは、企業のブランドイメージを新たに打ち出すためや、ユーザビリティを向上させるために大変重要なステップです。本記事では、ホームページのリニューアルが必要となる理由やタイミング、その進め方、そしてリニューアルにかかる費用について詳しく解説しました。

    最後に、特に押さえておいてほしいポイントをまとめます。

    ・ホームページのリニューアルは、企業の成長や変化に伴い、その新しいビジョンやブランドイメージをユーザーに伝えるための重要な手段である
    ・デザインが古くなってきた場合・SEO対策が不十分な場合・サイトの機能性が低下している場合にリニューアルすべきである
    ・リニューアルを進め方は、現状のサイトの問題点を把握し、改善ポイントを明確にしてから進める
    ・リニューアルにかかる費用は、規模や内容・制作会社の料金体系による

    ホームページのリニューアルは、企業のビジネス成長を支えるための重要なステップです。適切なタイミングで、効果的なリニューアルを行うことで、より多くのユーザーに対して企業の価値を伝えることが可能となります。

    ホームページをリニューアルするならスタジオカレンがおすすめ

    スタジオカレンは1998年の創業以来、9,000を超えるさまざまなWebサイト制作に携わってきました。

    ・クリニックや整体・整骨院、飲食店など様々なWeb制作
    ・ECサイトの構築
    ・楽天などのECモールにおける制作
    ・LP制作

    と様々なWeb制作の実績があります。

    “つくる” を本気で楽しんでいる私たちだからこそ、ご提案できるものがある。
    Webに関わるお困りごとは、いつでもお気軽にスタジオカレンまでご相談ください。

    制作実績はこちら >
    お問い合わせはこちら >